銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

久留米産オオクワガタ

久留米産第1号羽化

e1e0dadf.jpg
久留米産オオクワガタで初めて羽化した個体です。まだ羽化して間もないのですが、とりあえず画像を掲載しておきます。

体長76.5ミリ、極太ではありませんが、頭幅がそこそこありノーマルな形状でなかなか良いですね。上翅の一番下が若干ずれてしまっていますが、気になるほどでもありません。

久留米ギネス兄弟の仔ですから、来期も楽しみな個体です。76ミリでこのバランスを維持しているともっと大型化しても形良く羽化してくると思います。

オオクワガタはその個体のポテンシャルを超える大きさになってくるとお尻が長くなり、場合によっては上翅の下に収まらず出っ尻と言うことになってしまいます。

将来的に見込みのある典型的な個体は「なな丸75」です。この個体は大きさは普通ですが、使用菌床と飼育環境がうまくマッチするとおそらく大化けすると思います。将来「なな丸81」をはるかに超える個体がでるとしたらこの75からでしょう。81の方はまだ大きくなる可能性があると思いますが、あと2ミリかなぁという感じがしています。それでも83ミリですから、来期は気合いを入れてブリードに励みます

訳のわからない幼虫

41e7adae.jpg
今日は2月21日に取り出してRTNの菌糸ビンに投入してあった幼虫の食痕もだいぶ進んだのでとりあえず1本ビン替えしてみました。出てきたのは24グラムのまだ真っ白で透き通った色をした♂。でも♀マークが体の両側にしっかりとあるんですよね(^_^;体も大きいし頭幅もあるし体のラインは♀に見えなくもない。24gの雄にしては少し頭幅が小さいようなきもするけど♀にしてはかなり大きい。。。♀のはずが無かろうということで雄マークを付けてマジカルギネスの1400ボトルへ入れ替えました初めての幼虫で24グラムが出たのでこれから先楽しみになってきました。どちらかというと移動しながら菌糸を食べる幼虫よりも食痕の広がっていない居食いしている幼虫の方が大きいですね。今回のはだいぶ食痕が進んでいたビンなのでこれからビンの状態を見ながら交換して行くことにします。
 
あとで思うとお尻の縦線の有無で見分けられるはずでした。写真を写すことに気を取られてすっかり忘れてしまいちょっと失敗でもこんな♀いるわけないのでご安心ください
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives