銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

なな丸血統オオクワガタ

お客様のところで素晴らしい個体が

お客様のブログ

当倶楽部の初期からのお客様のところでなな丸血統から素晴らしい個体が羽化してきました。お買い求め頂いたのはなな丸81の兄弟個体です。その個体からの子供ですね。他にもうちの血統はほぼ網羅されています。

是非ご覧下さい。

なな丸血統75ミリ逝く

a96f811e.jpg

なな丸81ミリの同腹兄弟で現在幼虫販売中の77ミリ個体の親になりますが、夕べのうちに死亡しました。昨日虫の息だったので、あとわずかだろうとは思っていましたが、朝早くだったのでしょう。動かなくなっておりました。固まらないうちに標本としました。顎の張り出し、太さ、体のバランス良いこれからのなな丸血統の象徴とも言うべき個体です。大切に保存しようと思います。

いい男でしょ(^^

fc225b98.jpg

近いうちにペアリングして産卵セットを組む色男です。先日紹介した画像個体を先ほど撮影しなおしました。

同腹と別腹の♀をそれぞれペアリングを組んで産卵させます。

親の形状をそのまま引き継いでいる♂ですし、メスも同じ系統なのでかなりの確立でカッチョイイ個体がでてくるのではないかと期待しています。

とれた幼虫はメルマガ読者優先販売幼虫となりますので是非ご購読下さい。

採卵の下手くそが言うことですから失敗することも考えられる。。。

メルマガメルマガってかなりしつこいですね

マジお願いします。

そろそろ寿命が近いのかも

261ae8d6.jpg
この個体は初代70ミリから生まれてきた第一子の75です。この個体が羽化してきたときには頭幅と顎の太さそして張り出しに目を見張りました。この形で80オーバーを羽化させたい、いったいどんな個体になるのだろうと思った個体です。この75ミリ、このところゼリーの食いが悪く、ケースの縁で横になっている事が多くなりました。体重も軽くなり、おそらく死期が近いのだと思われます。最近の写真もありませんでしたので思いで深い一頭だけに一枚でも残そうと思い写しました。2005年1月の羽化ですから寿命と言うには短いですが、親の70ミリもやはり2年と少しの寿命でしたからまだ生きてはいるのでなんとも言えませんが、短命は遺伝なのか、管理が悪いのかも(^_^;そういえば他の種親達も短命なような気がしてきました(^_^;大事な種親達は長生きして楽しませて貰いたいですね

小さいけど

c9d5b6f9.jpg
先日羽化していた個体で最終22グラムでなんか小さそうだったのできにも留めていませんでしたが、先ほど体も固まったようなので取り出して良く見てみました。体長72.5~73。顎幅5.8ありました。先日紹介した74ミリ個体は激しい顎ズレでしたがこの個体は完品です。頭幅が26ミリあるので顎も少ししか太く感じませんが、なかなか良い個体です。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
ツイッター