銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2009種親紹介

久留米産オオクワガタ81.0ミリ

84.3ミリ系の先の個体の兄弟です。81ミリです。

1211_0008

久留米産オオクワガタ82.5ミリ

この個体は前に説明した84.3ミリのインライン直系孫になります。さすが血筋と言いましょうかきっちりと82.5ミリで羽化してきました。

1211_0001_01

久留米産オオクワガタ83.0ミリ

この個体は83.8ミリとは別腹の兄弟にあたります。当初こちらの個体のラインに一番期待していたのですが、蓋を開けてみたら一番期待していないラインが一番成績が良かったです。なかなか思い通りにはいきませんね。それでも若干の羽ズレながら83ミリと言う大きさで羽化してきてくれました。

1210_2345_02

久留米産オオクワガタ82.5ミリ

久留米産オオクワガタ82.5ミリです。先ほどの83.8ミリと同腹の兄弟になります。

1210_2053

久留米産オオクワガタ83.8ミリ

現在もっともホットな血統と言っていいでしょう。80ミリに一番近い血統群です。一口に久留米産と言ってもすべてが大型血統と言うわけではなく、元をたどればマツノインセクト様の久留米血統から枝分かれした久留米産が大きくなっているようです。前ビークワギネスの久留米産は83.3ミリでKUWATAギネスのマツノインセクト様久留米産は84.3ミリです。この84.3ミリは現在のビークワギネスが標本ギネスのため、子孫を残した個体としては現在最大のギネスと言っていいでしょう。私のところにはこの84ミリのインライン孫がおりますのでこれからも楽しみが続きます。この84.3ミリラインは後ほど紹介させていただきますね。今回は前ビークワギネス83.3ミリ兄弟中3番目の個体82.3ミリを親に持つ個体ですが、当倶楽部においてアウトラインにて数ペア交配したところその中から83.8ミリと言う個体が羽化してきました。幅もあり重量感のあるすばらしい個体です。ほかにも82.5ミリや81ミリオーバーが2頭同腹で羽化してきています。

1210_1847
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives