今日は朝用事があって出かけたのでいつも車で通ると気になっていたところを良く見てきました。

以下香取市ウェブサイトより引用−−−−−
横利根閘門は利根川と横利根川の合流部に造られた大正10年(1921)完成のレンガ造りの複式閘門で、国の重要文化財でありながら、今なお現役で稼動しています。千葉県と茨城県の県境にあり、閘門の両側には緑地を生かした「西洋庭園」や「水辺広場」「ピクニック広場」「芝生広場」などが整備されています。

 水郷地帯が一望できる風光明媚な場所として知られ、桜の名所でもあります。
ここまで香取市ウェブサイトより引用−−−−−

春になったら桜を見に行こうと思います。また、この付近はヘラブナ釣りの名所でもあるのですが、あいにく釣りは今のところやりません。

0920_1007_050920_1006
0920_09470920_0950
0920_0942_020920_0944_03
0920_0943