ブリードルームはすっかり加温されて夏陽気になっています。

1月いっぱいは15度程度

2月15日までは18度程度

そこから1度位ずつ気が向いた時に上げはじめて21日に22度から一気に27度までブリードルームの温度を上げました。

このまま3週間〜4週間維持した後、25度〜24度まで下げて羽化まで維持します。

羽化させるボトルでビン底にべったりと居座っている幼虫が10頭に1頭くらいいます。

小さめの幼虫であればまったく気にしないのですが、30グラム以上の幼虫だと気になります。ビン底にかかるのも3分の1以下だと良いのですが。

少し早めに加温と同時に写真のように菌糸ボトルをひっくり返しておき、幼虫が下に移動したら元に戻しています。けっこうこのままの状態で蛹室を作って羽化してしまう幼虫も出てきます。

ボトルの中心部に居座っている幼虫は全く様子がわからないし、見えない以上どうしようもないのでそのまま気にもしないで羽化を予想させる時期まで放っておきます。

0225_1606