銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2013年07月

川西Gから良いのが来ました。

1307222230_01

2010年に羽化した個体群の中でナンバーワンの個体をワイドカウさんにお買い求め頂きました。
そして昨年その個体の子供幼虫群が飼育スペースの関係で私の元に戻ってきました。
この個体は森田さんの♀と交配されて生まれてきた子供です。
体長は82ミリ頭幅は29.1ミリと申し分なく非常にどっしりとした印象のある個体です。
顎のラインも最高です

実は川西のブリードをやめようかと思っていたのですが、今年の羽化個体群を見る限りやめられなくなりそうな予感です。

まだ部分的にしか掘り出していませんが、とりあえず手応えのある個体が数頭羽化して来ました。
来週にでもワイドカウさんと相談することにしましょう♪

匿名ですが貴重なご意見を頂戴致しました。

匿名ですがお客様と思われる人物から以下のようなご意見を頂戴致しました。

[ お問い合わせ内容 ]
御社を大好きな者の一人です。
売り手が好きな値段で売るのは全くもってその通りであり、何も責めようが無い事です。
ましてや売り手と買い手が双方了解の元購入していれば、このメールもただの戯言です。
しかしながら、先に販売した同じ商品を4〜5匹纏めて1円スタートでオークション出品しHPで販売した1匹分にも満たない金額で落札させるなど、如何なものでしょうか。
ある人は50000円で5匹入手し、ある人は5000円で5匹入手することなどあってはいいのでしょうか。後から来た人が得をするような事はまかり通って良いのか。
オークションを見ていて愕然としました。
せめて下限値を設定し販売するのが、業者の務めではと思います。それを予期してのサービスをしていたとしてもです。
そのサービスを受ける為に追加投資した人も居るのではないですか。そう言う御社を信用し足を運んでまでも慕っている熱烈なファンの為にも、今回の件は悲しいです。
貴殿が同じ立場であれば、同じことを思うでしょう。
確かにこの業界の相場は時価であり、年々変動しています。そう言う事を私は申しているのではなく、今回は同シーズンでの出来事であり買い手に「損をした」と思わせるやり方は、もう少し気遣い出来ないだろうかと言う事です。
最初に買った人に安くして欲しいと言う訳ではなく、モラルの提議です。

一ファンの言葉として御社の為に筆をとりました。気分を害されていたら申し訳御座いません。

これからもずっとファンであり応援しています。

・皆の言葉を代弁しているKより。

ここまで全文引用しました−−−−−−


ある人は50000円で5匹入手し、ある人は5000円で5匹入手することなど

とありますが、さすがにここまでは価格の開きはないと思います。

固定価格で幼虫の予約販売を行い、同じ幼虫を予約分をお届け後にオークションに出品することは初めから決まっていたことですし、予約の受付の際にもこのことは説明ずみです。

今年は幼虫の産卵具合を見て多く幼虫がとれそうな感じだったので販売開始前に3頭毎に1頭のサービスを付けることして部分的に販売価格の引き下げを行いました。

そのため、実際にオークションを始めて見るとある程度許容するの価格の範囲に入っていると感じていましたがそれでも上記のようなご意見を頂戴することとなりちょっと考えさせられました。

実際に考えていたよりも低価格でオークションで落札されている部分も確かにあります。

時期的に6月初旬の落札価格は予約販売価格に近い価格でしたが、7月中旬には落札価格がだいぶ下がりました。これは当然だと思いますし仕方の無いことだと思います。

予約で購入された初令幼虫を一年のスタートを切るには絶妙な時期に初令幼虫を菌糸に投入できるメリットは価格差を考えてもそれなりにあるのでは?と思います。他にも来年の羽化をより楽しんで頂けるよう該当幼虫が複数ラインある場合には良さそうなところから先に予約のお客様にはお出しした部分もあります。

しかし、匿名にしろこのようなご意見を頂いてしまいました。

そこで、来年度の幼虫販売はまだだいぶ先のことになりますが、予約販売は取りやめる方向で検討していきたいと思います。(予約販売はもし幼虫がとれなければ自分の幼虫を減らしてでも販売致しますので私のほうにもリスクがあります。)

幼虫は当初からすべて1円オークションに出品する。ことを目標として検討して参ります。そうすれば固定価格で高く買わされたといったことも無くなりますし、自分で納得した金額で入札されるわけですから問題無いでしょう。


オークションに参加することのできない購入希望者様にはオークションで落札されている上限価格を参考にして価格を決め販売と言うことで検討致します。

最終的には来年春にでも決めますので宜しくお願い致します。

成虫の方は各個体にグレードもありますし、私の個体に対する思いもありますので現状通りに固定価格と1円スタートオークションと併用しながら行って参ります。



今年は爆産中

今まであんまり産卵させるのが上手では無くいつも8月一杯産卵させているような状況だったので
今年もかなり余裕をみて産卵セットを組んでいます。
ところが今年に限って爆産街道まっしぐらって感じです
割り出しに時間がかかりすぎて予定よりも少し遅れてきています。
オークションに出品していますが2令幼虫が増えてきました。
自分のブリード分は800〜900くらいは予定していますが、現在250くらいをうろうろ。
オークションに出す幼虫を先に割り出していた関係でこうなっていますが、これから自分用中ケースで7ケース分を割り出しにはいります。
この7ケースが終わった時点でちょうど半分くらいですが、その後2回目の産卵セットを7月中にちょっと集中して割り出さないといつまで経っても終わりそうもありません。

来年大きな成虫を販売できるようにもう少し頑張ります。

記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives