本来自分の作ってきた血統で長くブリードを楽しみ販売をして行けたら最高なのですが、どうしても産まない、不全が増える等のトラブルも少しずつ増えてきます。やはり時々新しい血筋を入れて強化していく必要があります。

今年は成虫と幼虫共に補強を行いました。

成虫と幼虫を絶煩と言うチームの代表ともぞう氏よりそこそこの数を補強させて頂きました。
あとは今年ビークワレコードを取られたM's氏より幼虫を。レコード直仔と他に4頭ほど。


絶盆の皆さんには菌糸のテスターをお願いしており私が手が回らないところを助けて頂いております。
ここ数年非公開での販売となりますがZS(絶煩スペシャル)と言う菌糸に取り組んでおりこれはともぞう氏の進言でCSのオオヒラタケに対してヒラタケで開発を行いました。今年のテストでいよいよZSベースのブリードも完成しそうです。

しかし、菌糸が不足し供給が間に合わないのが困った状況ですが。

日頃から皆さんでブリードに関して情報交換やスキルの向上を図っているようで、私が思っていたよりも数段ブリードの技術が上のように感じました。

今年はともぞう氏のブリード個体もまもなく委託販売を始めます。始めて間もない方に楽しんで頂けるようにメスをサービスで付けてくださいとの事ですので楽しみにお待ちください。

では数日前に届いた4頭(87〜81ミリ)のオスのうち86ミリの1頭とM's氏より補強した幼虫群シリアルカードを掲載しておきます。
2107310906_02
2107310908