銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2011年01月

コンパクトデジタルカメラを買ってきました。

夕方イオンに出かけてコンデジを買ってきました。価格は2万円ほどで、事前にいろいろ調べて良さそうな物を。
購入したのはソニーの「DSC−HX5V」と言う機種なんですが、あと10日もすると新しいモデルが発売になるんですね。

現在カメラはデジタル一眼と6年か7年くらいまえのミノルタ製のかなり古いデジタルカメラを使用していました。

今回のはブリードルームで手軽に使うのに購入してみましたが、デジタル一眼と比べるとやはり画質や精細感でだいぶ劣ります。
まぁ、仕方ない部分ではありますので割り切りは必要です。
1101301907_01

この機種はオオクワを手のひらに乗せて撮すのにマクロ機能がちょうど良く使いやすいです。デジタル一眼にもマクロレンズという物がありますがピントの合う範囲が狭いのでクワガタ全体がなかなかピントが合いません。普通のレンズを使った場合にはレンズの最短撮影距離という物もありますので手のひらに乗せて撮すとおそらく初めてのデジイチでオオクワガタを撮すととまどうのではないでしょうか。
私の場合は手のひらに乗せたオオクワを撮すのに最適になるように機材を揃え設定しています。
これからも出品用のオオクワ写真はデジイチになると思いますが、ブリードルームで使う幼虫や写りはさほど気にしないオオクワの写真はこのコンパクトデジカメで行こうと思います。前に使っていたカメラもあるのでもしかしたら戻しちゃうかもしれませんが、使っているうちに自然に使いやすい方を手にするでしょう。
↓コンパクトデジカメで写してみました。
1101301921

正規代理店 オオクワガタFARM 様

本年度からオオクワガタFARM様と提携し当倶楽部ブリード個体の販売を手伝って頂くことになりました。

オオクワガタFARM様は本店サイト、楽天市場店を運営されており多数の販売実績をもっております。

当倶楽部ではこの提携にともない当倶楽部楽天市場店を閉店いたしました。ポイント等の関係で楽天市場ご利用ご希望の方は是非ご利用下さいませ。

シリアルカードは代理店名入りのカードを用意し、当倶楽部にて発行管理させていただきますし、代表大橋様とはもう7〜8年の親交がありますので安心してご利用下さい。

品揃えとしては私のほうで選別した個体の陳列と商談ベースによる販売をお願いいたします。当店にて陳列してある個体をオオクワガタFARM様経由でお買い求めと言うことも可能です。また、個体の選別を大橋様にご依頼して未陳列の個体をお買い求め頂くことも可能です。


どうぞご利用下さいませ。

クワガタ販売のオオクワガタFARM

3分の2が終了

ほぼ3分の2が交換終了しました。前半のような超大型の幼虫は出ないでだいたい28g〜30グラムが多い感じです。中盤は前半のラインとは違うのが多かったせいもあるかもしれませんが、ちょっとずぼら過ぎた飼育を後悔しつつあります(汗)。

今年は羽化してくる個体にスペースが取られ、初令幼虫のスペース確保ができないためにずぼら(かなり酷いので言えない)へと進んでしまいました。

このずぼら飼育もそれなりに結果が楽しみで
昨年の幼虫の資質以上に軒並み体重が乗ってきた飼育とは対照的なので幼虫体重と羽化サイズがどうなるのか興味があります。

昨年羽化個体は幼虫体重−3グラムくらいがちょうど羽化サイズで良さそうな感じの体重でした。

今年はずぼら30グラム幼虫が80ミリで羽化してくるのかそれとも+αで羽化してくるのか見てみたいと思います。これがマイナスで羽化してくるようだと完全に失敗したことになります。

じつは昨年羽化個体で78〜79ミリで羽化してきた個体群があるのですが、これは初令幼虫をどう考えても大きくならないだろうと思える菌糸ボトル(他社製)に16頭くらい入れていたんです。
1本目で出てきた幼虫群はだいたい24〜25グラムが良いところでHSに入れた他の兄弟とは4グラム〜5グラムほど体重が違っていました。
この大きくならなかった幼虫群はそのあとHSに入れてしまった訳ですが、羽化してきてみると78〜79ミリと幼虫体重よりも羽化サイズがプラスに伸びていました。
完璧に飼育された幼虫は横ばいか若干マイナス気味、1本目明らかに失敗した幼虫がプラスに出てきたわけです。
この伸びた原因がHS菌糸のためか、単純に幼虫の素質よりも体重が乗らなかったものの幼虫の素質でプラスに出てきたのかわかりませんが、面白い結果でした。

この体験があったので多少ずぼらでも後半で取り返せるだろうと安心していた部分はあったのですが、今年の羽化サイズがどうなるか半年後を楽しみにしていましょう。

しかし、ブリーダーたるものこれではいけませんね。
こういう怠けたずぼらな飼育を継続してしていたらダメだと思います。

目指すはギネス。

今年は心入れ替えて最大個体を目指して頑張ります

一昨年お買い求め頂いた個体の子供が

凄いことになっています。

能勢YGの847系ですがお客様から飼育データが送られてきて、詳細は控えますが、開いた口がふさがらないような幼虫データです。

うちの一番良いラインよりも一段上を行っています。

もっともお買い上げ頂いた個体は種親に匹敵する個体でしたがそれにしてもと言う感じでしょうか。

こまめに連絡を頂いておりましたし、飼育のほうはきっちりと行っているようでしたので、スボラ飼育を行ってしまった私のところ(たぶん幼虫の資質を最大に引き出せていない)と羽化サイズでどのような違いが出てくるのか非常に楽しみになりました。

記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
ツイッター