銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2010年12月

能勢YG847系

今日は能勢YG847系からの幼虫です。
0812101941
この幼虫はギネス個体866の同腹兄弟から生まれてきた幼虫です。
ギネス個体は847血統からのようですが、前ギネスも847ですからこのラインはなかなか優れたラインだと思います。昨年羽化してきた個体群の中に一頭だけ素晴らしい個体がいました。すでに昨年販売しておりますが天然個体を思わせるような上翅の厚みも他の個体と一線を画すような完品美肌の80ミリが羽化してきて、このラインのポテンシャルの高さを感じました。またあのような個体に出会えないかと来春を楽しみにしています。

かなりご無沙汰をしてします。

なんだかだいぶ時間が経ってしまい申し訳ありません。

気になる今年の幼虫ですが、ようやっと2本目への入れ替えが始まりました。今年は能勢YGが中心で全体の半分くらいがYG幼虫となっています。

今年は羽化してきた個体の割り出しと産卵から初令の割り出しと時期的に重なってきてだいぶばたばたしてしまいました。飼育数が多いので仕方ない部分もありますが、オオクワガタ本業ではないので時間的にも制約があり厳しかったです。

結果、いろいろと昨年までとはまったく違った定石を外した飼育を行うことになり不安もありましたが、2本目へ入れ替えが始まりかなり定石を外した飼育(ちょっとおすすめできませんので書きませんがかなりずぼらなのでもし上手く行ってしまったら自分的にはやみつきになりそうです)もかろうじて踏みとどまれそうな感じです。

写真は携帯のカメラで撮影ですが能勢YG血統80系から37グラム847系から35グラムです。
小さい方で27グラムくらいですから全体的には30グラムグラムくらいが平均になりそうな気配です。

去年は全頭写真を撮影してデータを取りましたが結局そのデータも羽化サイズまで管理できなかったので意味が無くなってしまいました。今年は分析するための全体のデータを取るのは中止しました。

また面白いのが出てきたら載せますね。

a61a9ac2.jpg

140985de.jpg




記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives