銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2009年11月

ちょっと予定変更します。

このところ33グラム以上の♂を掲載していますが、ちょっと数が多いのでこの次から35グラム以上に変更します。もし、楽しみにしていた読者の方がいらっしゃったらごめんなさいね。

今日はまた久留米から超でかいのが出てきました。
今年はいったいどうしてしまったのでしょうか?

1113_18401113_1838
1113_18201113_1818
1113_15361113_1313_01

今日は山梨を少し

今日は山梨を中心に交換しましたが、山梨からも大きいのが出ています。
サイズ的には25グラムくらいから出ていますので大型の割合は少なくなっているようです。おそらく35グラムなどの超大型はでてこないような気がします。
今年はデータベースソフトを使ってすべての幼虫体重のデータを入力しています。これは並べ替えなど簡単にできるのでいろいろなデータが欲しい時にすぐに見ることができて便利です。とりあえずすべてのデータを入力してあとでじっくりと活用しようと思います。入力するデータもあまり細かすぎるとそれはそれなりにうまく活用できると素晴らしいのですが、あまり高望みすると挫折が待っているので最低限のデータで分析です。
1112_1753
1112_1737

久留米の当たりライン

どうも久留米の7番♀が当たりラインとなっているようです。
38グラムに引き続き37グラムが2頭出てきました。
山梨も数頭交換しましたが、こちらは27〜30グラム程度と平凡な結果でしたが、山梨はこれから数年後に期待しています。
1111_16171111_1615

久留米からでかい幼虫が出ました。

今日はメスを中心に菌糸の交換をしていたのですが、さすがにメスばっかりやっていて飽きてきたので久留米の良い食痕をしているボトルを選んで交換してみました。するとでかい幼虫が。。。

出ました。38グラムです。
1110_2026_11110_1951_1

愛用のドリル

1109_1517

HSボトルは固いのでいつもドリルを使って穴を開けています。ボトルに詰めて時間が経ち腐朽の進んだボトルだと比較的開けやすいのですが、まだ腐朽の進みきっていない少し新しめのボトルだとドリルを使っても固く感じます。
ドリルの歯は太さ3センチ。深さ8センチくらいまで歯を入れます。34グラムとか35グラムクラスの幼虫の時にはドリルを使って穴を少し広げて幼虫を投入します。幼虫が潜っていくとオガがちょうど穴の上部まで届いて穴をふさぎ良い感じです。メスもこの3センチの歯で穴を開けますが、こちらは6センチくらいです。広く浅く穴を開ける方もいらっしゃいますが、好みで開けたら良いと思います。

今日は過去最大の幼虫が出てきました。NA血統」84ミリの子供です。この84ミリ個体は少し羽パカだったこともあり、弱かったのでしょう。すでに★になっています。大きな幼虫群を残してくれました。

たぶん羽化できないでしょうけど目の届くところに置いて最後まで観察したいと思います。
1109_15321109_1527
1109_1522
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives