銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2009年01月

鹿島臨海工業地帯

クワガタの世話もほぼ終わりつつあり、あとは加温の時期をじっと待つばかりになりました。それにしても寒いです。
夕べはずっと気になっていた利根川対岸の鹿嶋市鹿島臨海工業地帯の夜景を撮ってきました。昼も夜も休むことなく鹿嶋は動いています。代表的なところだと東京電力鹿島火力発電所とか住友金属がありますね。発電所の煙突には上れるらしいのですが、知り合いが何人かいて煙突上りますか?と言われましたが、高いのは嫌いなのでちょっと行きたいとは思いません。かなり揺れるらしいです。

0114_1906


飯岡漁港

今日は朝のうち空気が澄んでいて、神奈川の写友からとても富士山が良く見えるから銚子でも見えると思うよと連絡をもらったので夕方富士山を見にいつもの飯岡の展望台へ行ってきました。
ちょっと雲がかかっていて富士山は頭の部分しか見えなかったので残念でしたね。仕方ないので夕日の写真を撮っておしまい。
0111_1637_02_1

帰り道お月様がとても大きくて綺麗だったので銚子台地の風車群と一緒に一枚撮りました。この風車群ですが。30以上建っているでしょうか。はじめの頃は物珍しく見ていましたが、車を運転しているといつもグルグル回っていて目につくので最近なんとなく目障りです。海岸線の風車は綺麗に並んでいて気持ちよいのですが、台地の上の風車は並び方が雑然としていてあまり見栄え良くありません。

0111_1708

来期の産卵予定を考えていました。

このところと言うか暇があるといつもブリードの事を考えています。
オオクワガタのブリードは悩み尽きないですね。今日はペアリングから産卵予定をどうやって組むか考えていました。
まぁ、予定は未定と言いますからそのときになると気分でまた変わったりするので流動的ですが(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
今期使用予定種親は♂約20頭♀約60頭です。
とりあえず3月に入ったら♀を冬眠から起こします。
ペアリングは4月中旬から小ケースで4日〜5日
♂一頭に♀3頭を順次ペアリングしていきます。今期は大型♂が多数揃っていますので特定の♂に多くの♀をペアリングすることは今期は行いません。

ペアリングが終了次第産卵セットに投入。
10日間の産卵期間をメスに与えます。
その後メスは休養を取らせ時間産卵5月20日からの産卵までゆっくり休養させます。
一例ですが、最初のペアリングを4月15日に行ったとすると第一陣の産卵セットへの投入が4月20日産卵終了が4月30日になります。最初の産卵は時期的には少し早めになりますのでお試し産卵の位置づけで産卵数を確保するものでもないのであまり産みすぎると困りますね。まぁ、期間が短いので大丈夫でしょう。メスを外して10日ほどしたら産卵木を少し試し割りしてみます。これによってペアリングの成否などがわかりますし、それぞれのメスの産卵状況がだいたい把握できます。ここで産卵に失敗しているメスは再ペアリングさせ5月20日頃からのメインの産卵に備えます。
4月30日に産卵終了した産卵木は5月15〜20日ころ割り出しを行います。だいたい産卵済みの木を寝かせるのは2週間〜3週間です。卵の孵化までの期間や孵化した初令の成長速度は環境や産卵セットの内容によって変わりますので割り出し時期などは人それぞれになるでしょう。うちの場合はすべての産卵セットに菌糸カワラ材を使用しています。孵化してからの成長速度は少し速くなりますのでうちのブリードルームの環境に置いておくと3週間前後が理想の割り出し時期となります。

下の画像は使用しているカワラ菌糸材の皮を剥いだところです。

PICT0933

能勢産早期羽化個体

今朝、能勢産847血統の早期羽化個体の事を書きましたが、紹介しておきますね。

親 ♂80.5ミリ ♀48ミリ
6/28 初令 HS800
10/13 25グラム HS1400
羽化12月中旬

2本目に入れた直後蛹化スイッチが入ったのですね。
ボトルに入れた後、上の方で居食い始めたな。。。
と思っていたのですが、しばらくして見てみたら蛹でした。

6ヶ月以内に羽化した訳ですが、体長76.3ミリ 頭幅26.8ミリ
サイズはさほどではありませんが、頭幅はありますね。種親の特徴を良く引き継いでいるように見受けられます。顎は細めですが、頭幅があるのでなかなか格好いいです。

0101_2139

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も昨年同様よろしくお願いいたします。

今年はどんな年になるのでしょうね。
オオクワガタ。。。今いる幼虫群は種親は前の年とと同様か少し小さめなので今年の羽化結果としては昨年と同等以上であればOKですね。たぶん大きくて83ミリ台だと思います。
今いる幼虫の中でまったく様子がわからない血統が能勢847です。初めての能勢産なのでどんな感じで羽化してくるのか。。。じつは早期羽化個体が1頭います。あとで写真載せますが、顎の長いタイプです。当然サイズは体重より長めに出てきていますので同じような形で30グラムクラスの個体が羽化してきたら80は余裕で超えてくるのでしょう。能勢では847血統のほかに847血統の♂にアウトラインの♀を使ったラインがあり、こちらが密かに期待してるんです。こちらのラインは1本目800食い上がりで34グラムと言う幼虫が出てきています。この幼虫が1本目の今期最大幼虫となりますが、ペアリング可能な状態で少しでも大きく羽化してもらいたいですね。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives