銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

2006年05月

幼虫販売開始

ようやっと幼虫販売を開始しました。といっても数は少ないです。これから徐々に幼虫も掲載していけると思いますのでお楽しみに(^^一発目はなな丸81直仔となります。相性ドンピシャHSボトルに投入済みで初令初期の為に現在慣らしているところです。記念すべき第一ロットですからお早めにどうぞ。

小さいけど

c9d5b6f9.jpg
先日羽化していた個体で最終22グラムでなんか小さそうだったのできにも留めていませんでしたが、先ほど体も固まったようなので取り出して良く見てみました。体長72.5~73。顎幅5.8ありました。先日紹介した74ミリ個体は激しい顎ズレでしたがこの個体は完品です。頭幅が26ミリあるので顎も少ししか太く感じませんが、なかなか良い個体です。

80ミリその後

先日羽化した80オーバーですが、だいぶお尻が引っ込んできました。サイズ的にはお尻が引っ込んだとして82と言うところかもしれません。あと0.5ミリくらいなのですが、なかなかじれったいです。もしかしたらこのまま引っ込まない可能性もあるわけで少々落ち着きません。でも、過去の経験から少し時間はかかるけどもなんとか引っ込むと感じています。顎閉じた状態で80超えていますからけっこう大きいです。久留米産は下半身がけっこう厚みがあって羽化に際して上翅とお腹とバランスが少し悪いのかもしれません。もっともこの厚みが重圧感となって大きく見える作用があるのかもしれません。一方なな丸血統はお腹が薄めです。これが災いしての羽化不全もあるのですが、太めの個体の場合羽化後には1週間ていどでほぼお尻が引っ込みますから血統の違いと言うのは面白いですね。

来ました80ミリ

画像は日曜くらいに写しますが、とりあえず昨年2月に初令で取り出した久留米産幼虫から80オーバー確実な個体が羽化していました。おそらく81ミリくらいだと思いますが、最終ビン交換28グラムでしたがなんとか今期も達成できました。とりあえずご報告まで(o^^o)

今期楽しみにしていた宇目産

産卵中で今期一番楽しみにしていた宇目産ですが、材2本目にてなかなか囓らないのでどうしたのかと思い良く見てみるとなんとメスの顎の先端が欠けていました。これじゃあ、材を囓ることできないだろうな。そのうち柔らかい材に切り替えてセットしてみてそれでもダメならこの宇目産の産卵は中止するしかなさそうです。30~40くらいの幼虫を確保したかったのですが、1本目のあまり産んでなさそうな材だけになってしまったので4,5頭くらいしか期待できません。ちょっと予定が狂ったので新規に川西G血統のメスをペアリングして産卵させることにします。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。