最近ヤフオクを見ているとサイズを詐称することが目的と思われる写真をたまに見かけます。

これから幼虫販売のシーズンにはいりますし少し目に余りましたので注意喚起のために画像詐欺に関して記事にしておきます。
(今回は撮影時の画像詐欺についてですが他にも方法はあります)

写真の性質上ノギスと顎を上下にずらすことで顎がノギスに当たっているように見せかけて写真を撮影することが可能です。

これはデジタル一眼よりも割安のコンパクトカメラの方が手前から奥までピントが合いやすいので顎をずらしても顎、ノギスの両方にピントが合いやすくやりやすいです。

サンプルとして私の普段撮影しているデジタル一眼で似たような詐欺画像のサンプルを作りました。
この画像だとノギスに表示されている数値が若干ぼけていますが、これがコンデジだと完全にピントが合ってきます。

画像の個体は83ミリを少し欠けるサイズの個体ですが、パッと見たら数値に目が行きますので疑って見ない限り騙されるでしょう。
サンプル画像はわかりやすくするためにデジタル一眼で6ミリごまかしていますので少し無理がありますが、コンデジで撮影したりデジタル一眼でも2ミリとか3ミリくらいでしたらまぁ、わかりませんね。

顎先がノギスにちゃんと当たっているか不審な部分はないか血統背景や証明書関係は矛盾無く適切かあやしい種親個体ほど付加価値を高めるためにいろいろな情報が掲載されていると思いますので良く見てから幼虫等入札購入して下さい。

追記:撮影技術が未熟なだけで写真で怪しくても実際にサイズがあることも考えられます。「怪しい写真=詐欺写真」と言うわけではありません。別に買えれば詐欺でもかまわないと言うこだわりの全く無い方もいるかもしれません。価値観は人それぞれですので各自判断の上お願いします。

写真を載せるときは誤解されないようにきちっとした写真を載せることも必要でしょうね。


sagi