この時期はなんとなく「そわそわドキドキ」しますね。

ちゃんと大きく成長した幼虫たちは蛹化へ向かってくれるのか?

暴れないでおりこうさんに蛹になってくれるのか?

羽化不全なくちゃんと羽化してくれるのか?

大きく羽化してくれるのか?

等々一年の締めくくりですから。

今期は結局36グラムの幼虫が3頭になりました。昨年の山梨産35グラムはセミ化幼虫決定です。この山梨産は12月に初令で取り出してその後6月は1ヶ月間15度の冷蔵庫において冬を感じさせました。このときの幼虫群はほかにもいて、他の幼虫は羽化してきたのですが、山梨産を含め数頭はセミ化してしまいました。

大きな幼虫ほどセミ化の危険性は高いので難しいですね。

今期の36グラム群はどうなるか?

セミ化せず蛹化したとしても羽化できるのか?

目が離せませんね。