b482a705.jpg
川西産G血統の現在最大個体です。24日に蛹化しました。蛹室が少し小さい感じでしたので掘り出して人工蛹室に移してあります。画像だと少し色が黒く見えますが、実物はまだまだ白い蛹ですね。目が黒くなる頃には1グラムほど体重が減りますが、差し引いても無事完品で羽化すれば80オーバーの可能性はきわめて高いです。しかし、このサイズになると羽化不全もかなり多くなりますからね。確立50%といったところかもしれません。80を超えるには大きな幼虫を作り、縮ませないように成熟させて、セミ化させないで無事蛹となり、そこから無事羽化させないといけません。運もないと難しいですね。

30日加筆: 人工蛹室の中で蛹が斜めになってまどろんでいるようでした。どうも顎の感じに違和感を覚えたので良く見てみると少し顎ズレが起こっているようです。斜めになっているときにまだ固まっていない顎が自重に耐えられなかったのでしょう。大型の蛹ゆえの悲しさかもしれません。ついでにあちこちチェックしたとろこ背中の上翅の付け根の部分が少しつぶれて変形しているようです。今までいろいろな蛹を見ていきましたが、一番やばい状態かもしれませんね。これも蛹化したときに自重の為かなぁと感じています。この蛹が幼虫の時に作った蛹室も良く見てみました。やはりと言うか思ったより小さい蛹室でした。そのままにしていたら間違いなく羽化不全の大きさで蛹を取りだしたことは正解です。羽化不全しても運が無かったとあきらめましょう(^_^;最低限種親として機能すれば良しとしたいと思います。