今日、ブリードルーム全体を26度設定に温度を上げました。先日は部分的に温室に幼虫を入れて温度を上げましたが、今回は秋取り幼虫(別部屋管理)を除いてすべての幼虫群です。この中には32グラムを筆頭に33グラム改め30グラムや31グラム27~28グラムがごろごろいます。無事蛹になって完品成虫へと変化して貰いたいですね(o^^o)気になるのは18度で蛹化した蛹が羽化直前というところで温度を上げてしまったことです。普通は蛹になったら温度を下げるのが普通ですが、反対になってしまいました。サイズ的に75あれば良い方なので大丈夫だろうと勝手に決めつけてしまいました(^_^;今回はセミ化幼虫を作らないような温度管理を行ってきましたが、さて結果はどうなるか?ですね。

PS.21日に28度まで上げています。