e1e0dadf.jpg
久留米産オオクワガタで初めて羽化した個体です。まだ羽化して間もないのですが、とりあえず画像を掲載しておきます。

体長76.5ミリ、極太ではありませんが、頭幅がそこそこありノーマルな形状でなかなか良いですね。上翅の一番下が若干ずれてしまっていますが、気になるほどでもありません。

久留米ギネス兄弟の仔ですから、来期も楽しみな個体です。76ミリでこのバランスを維持しているともっと大型化しても形良く羽化してくると思います。

オオクワガタはその個体のポテンシャルを超える大きさになってくるとお尻が長くなり、場合によっては上翅の下に収まらず出っ尻と言うことになってしまいます。

将来的に見込みのある典型的な個体は「なな丸75」です。この個体は大きさは普通ですが、使用菌床と飼育環境がうまくマッチするとおそらく大化けすると思います。将来「なな丸81」をはるかに超える個体がでるとしたらこの75からでしょう。81の方はまだ大きくなる可能性があると思いますが、あと2ミリかなぁという感じがしています。それでも83ミリですから、来期は気合いを入れてブリードに励みます