68337b6e.jpg

トップページでお知らせした川西産G血統の第1号個体が羽化してきました。現在体長は77.5ミリ前後、おそらく最終で77ミリと言ったところでしょう。

この個体は9月5日に25グラムでボトルを交換していますので標準より大きく羽化して生きています。当倶楽部でのブリード個体は一般的に言われる幼虫体重を元にしての羽化サイズよりも大きく羽化してくる個体が多いです。この個体も25グラムからの羽化だと一般的には75ミリが良いところと言うことになるのですが、はるか大きく羽化してきました。なぜこのような現象が現れるのかと考えてみますと、おそらくこれが大型血統と言われる血統なのだと思います。他には菌糸ボトルの質と言うことも考えられます。

この血統に菌糸ボトルの品質がピッタリ合うとこのような大きく羽化すると言うことになるのでしょう。

久留米血統も羽化していますので近いうちに画像を掲載できると思います。こちらは75~76ミリ程度ですが、やはりサイズより大きく羽化してきています。この個体はまだ計測出来ませんが、掲載を楽しみにお待ち下さいませ。