さて、発菌が遅れているPPボトルですが。。。

どうも失敗したようです。

いろいろと情報を仕入れた結果。

使用済みボトルを使ったことによる殺菌不良で、雑菌がボトル内面にあるため菌糸を伸ばすことが出来ないということのようです。

いやぁ、菌糸詰め師への道は厳しいですね


今回は
ガラスビンは新品をつかって水で中を拭いた。
ペットボトルはそのまま詰めた。
PPボトルは使用済みかなり汚れていたのを水洗いして使った。

とこんな感じですが、中古ボトルの雑菌(粘菌というらしいが)こいつが強力で洗ってもなかなか落ちないと。

エタノールをたっぷり掛けて裏返して一晩置くらしいです。

エタノールは吹きかけて消毒効果がでるまでに時間がかかるので拭きかけて拭き取るのは意味が無いようです。


いやぁ、またまたまいりました



PPボトルは新品でも汚れが微妙に付いていて発菌不良がおきることがあるようですね。

いろいろと経験して身につけて私は一流の詰め師へと羽ばたけるのか。。。。

少なくとも透明ペットボトルとガラスビンは問題なくなったのであとはPPの攻略です。

これからブロックを詰め始める皆さんはおそらく同じ経験をすることになるのだろうと思いますので私の失敗例を頭の隅に入れておいて最速で菌糸詰め師へと脱皮してください