18度管理のボトルの様子です。
477a7700.jpg


25度管理のボトルの様子です。
2be9a106.jpg


左25度管理右18度管理
e82213a1.jpg


だいぶ差がありますね。
半透明のPPボトルを見る限りあまり差が無いように感じますが
おそらくこれはボトル内部の表面に滑らかさの違いによるものと
思います。
PPボトルの表面はざらざらしていますのでオガと側面と密着する部分が
少ないために側面に回ってくる菌糸の量に差があるのだと思います。

とするとこれから徐々に差が広がってくるのではないでしょうか。

表面がざらざらしていると言うことは酸素の供給において他の2本より優れていることになると考えています。
さらにPPという材質が酸素の透過率が他の2本より多いと言うこともあり滑らかさと材質の性質から微妙ながらも飼育幼虫に供給する酸素の量にも影響するのではないかと思っていますが。。。。
どの程度の影響があるのか?もしかして影響するほどではないのか?
正確なところは私にはわかりません。

あと現状でPPの回りが遅く見えるのは蓋の通気による影響もあるかもしれないですね。
PPとガラスに使っているフィルターは材質がまったく違います。