銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

今期初の31g

今ほど、もう羽化しているんだろうなぁと思っていた川西産G血統の入ったPPボトルを開けてみたところ前回交換時に26gだった幼虫が居食いしており、31gにて出てきました。写真は写しませんでしたが、ちょっと嬉しかったです。3月13日初令で投入の幼虫で現在8ヶ月経過です。この個体はどうしても羽化させたいと思いますので、このビン替えで蛹化スイッチが入らなければ、来月末頃に温度を下げたいと思います。2ヶ月程度低温にしますのでおそらくボトルはきのこが出るでしょうから3月はじめにビン替えを行い5月羽化、14ヶ月での羽化になる予定です。低温で少しは縮むかもしれませんが、引っ張りすぎての出っ尻も怖いので熟成具合を考えるとちょうど良いかもしれません。ベストはこのままスイッチが入って1月中旬羽化でしょうか。早速黒い紙でボトルを覆いVIP待遇としましょう。

オオクワガタのブリードはどれだけ形が良く大型の個体を羽化させることができるのか?というところが目標であり一番重要な部分です。

30gあたりの幼虫が出た場合に多いですが僕を含めてよく幼虫サイズだけを話題にする場合があります。

菌糸ボトルなどの品質などを把握する目安にはなりますが、最終的に安全にどの程度のレベルの個体が羽化しているのか?

など

菌糸ボトルはその辺を総合的に判断しなければいけません。

菌糸ボトルは羽化実績を見落とさないように注意してください。

せっかく大きくなった幼虫も羽化していたらお尻ばかり大きかった、羽化不全で羽根がみんな開いてしまったなど起きてきます。

■オオクワブリードの目的

・大きくならなくても良いからとにかく安く増やしたい

・少し経費がかかっても大きくかっこよい個体を羽化させたい

・細くても体長のある個体が欲しい

・体長はそこそこあればあとは太い個体が欲しい

などありますが、すべてを満足させるボトルはなかなかみつかりません。

 #もちろん血統と言う要素が大きいのは言うまでもありません。

安くて、幼虫が大きくなって、羽化不全が少なく形良く羽化してくる
菌糸ボトルがあったら是非使ってみたいですね。

 

来期使用菌床

d9c963c1.jpg

菌糸ブロックを崩してガラスビンに詰め替えを行いました。来期に初令を投入する予定の菌床です。ガラスビンに詰め替え後22~23度の部屋においておいたところきのこの芽が出始めました(*_*)一緒に詰め替えた今期使用しているボトルからは全く出てきません。きのこの芽がでてきてから25度の温室に移しましたら新しい芽は出ないようです。それにしても菌糸の活性が高いと言うのは管理しにくいですね。温度管理をきっちりできないとボトルはきのこの山にビックリする方が多いかもしれません。しかし、きのこの出やすい活性化された菌糸と言うのはより大きな個体がねらえます。来期はこのボトルと新しいブリードルームでギネスを狙います。オオクワガタのブリードは一年先までの計画を立てておかなければ行き当たりばったりではダメですよ(^_^;)僕の腐った脳みその中では来年のペアリング計画から成虫までの構想ができあがっています。予定を立てるのは楽しいです。でも予定通りいくことは少ないですがね(爆)

ブリードルーム完成

6畳一間ですがやっとブリードルームが完成しました。思い立ってから2週間くらいの出来事でしょうか。。。この部屋を広げて12畳にする時は来るのかなぁ?と思いますが、時の流れに身を任せることにします。部屋は釘を使わずにすぐに取り外しできるように木ねじで留めてあります。

7e6966ad.jpg

 

 

 

 

b68dec90.jpg

 

 

 

 

fe8f9199.jpg

 

 

 

 

エアコン2台コンセントも3カ所設置断熱材贅沢に使いました。

来年の春に発電機を購入して長時間の停電にも耐えられるようにする予定です。元のブレーカーからは通常の電源ラインと発電機のラインと切り替え式にして貰いました。

このブリードルームから大型個体をバシバシ出したいですね!

 

 

セミ幼虫

ブログの更新も久しぶりですね(^_^;

今日は昨年5月割り出しのセミ化した幼虫のボトルを替えました。

今日のボトルで9本目です(^_^;

5/1割り出し
5/15最初のボトルが酸欠でひどいので入れ替え
7/27  25g
10/29 31g
12/25 29g
3/16  29g
5/17  31g
8/27  31g
10/27 32g

と、こんな感じです。ひどいですね(爆)

この幼虫はなな丸81の兄弟です。

さすがにもう一年半も幼虫をしているのでこのままでは成虫に
なれないで終わるかもしれませんね。

この冬は低温に晒して来春羽化させる予定ですが
無事完品で羽化したらけっこう大きいのができそうです。

確立は少ないですが、楽しみの一つとして取っておきましょう。

 

 

ボトルを外しました

今回のブリードでは使用量の少ないのも合わせると5種類の菌糸ボトルを使いました。このうちの2種類は少量しか使っておらず論外のボトルだったのですが。のこりの3種類のボトルはどれもメジャーなボトルです。このうちの1種類が2ヶ月程度でボトル表面の菌糸がなくなり幼虫が暴れたように黒くなっているので気になっていたのですが、先ほどそのうちの何本かを交換してみました。結果はさんざんで割り出し後2ヶ月半~3ヶ月経過して16頭交換して♂が一頭も20gを超えていません。普通の血統であれば普通のサイズかもしれませんが・・・最低でも3ヶ月で20グラムは超えないとうちの血統で使う菌糸ボトルとしてはダメですね。当然メスも小さく、小さいオスか大きい♀か良くわからない幼虫もいました。飼育している血統はどれも80ミリ血統ですし、同じボトルで2月から3月に割り出した幼虫は3ヶ月で23~25グラムまで育っていましたから、どう考えても今回特定ロットのボトルが原因です。製造ムラや使用する環境に依存する部分があるのは避けられないのでしょうけど使ってみないとわからないので困ったことです。マジカルギネスの方は良く育っています。このボトルは別ロットも含めると60~70頭くらいの幼虫を入れていますので早い時期にすべてボトルを交換することにします。ボトルが来たときに妙に軽かったですが名の通ったボトルなので問題は起きると思いませんでした。僕の環境には合わないのでしょうね。こうやっていろいろな出来事を経てお気に入りのボトルが決まってくるのだと思います。今回のボトルのおかげで、格安成虫がけっこう出来そうです。入っていた幼虫は山梨県韮崎産、川西産G血統、久留米産ギネス兄弟血統、なな丸血統です。入れ替え後のボトルで少しでも回復してくれることを祈るしかありませんね。今回のブリードは300頭から350頭ですから5分の1にあたる幼虫がトラブル?に見舞われたわけで、非常に痛いです。クワガタ飼育、何が起こるかわかりません。昨年のブリードでは150頭から200頭入れたボトルが酸欠ボトルで初二令から3令初期の状態ですべてのボトルから幼虫を取りだし入れ替えました。結局それらのボトルに入れた幼虫からは77ミリを超える個体は数頭しか出てきませんでした。昨年はその他のボトルでも3ヶ月たって♂14から15gと言うボトルも遭遇して、こちらは23グラム程度まで持ち直してくれました。昨年は81ミリ個体も今販売中の79ミリ個体もどちらのトラブルボトルにも入れていません。大型個体を作り出す上ではできるだけトラブル無く幼虫を飼育することは必要条件です。まぁ、今回このボトルにすべて入れていなかったことだけでもラッキーと思うしかありません。まったくトラブルの起きないブリードは不可能なことなのです。うまくトラブルをかいくぐった幼虫の中で大型の素質を持った幼虫が80ミリと言うラインに近づくのでしょう。ブリードにおいてはいろいろな可能性を考えてリスクを分散することは必要です。とりあえず、今まで使ったボトルの中で安心出来るのはマジカルギネスと当倶楽部オリジナルボトルだけですね。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives