銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

温度ショック第二弾

今日、ブリードルーム全体を26度設定に温度を上げました。先日は部分的に温室に幼虫を入れて温度を上げましたが、今回は秋取り幼虫(別部屋管理)を除いてすべての幼虫群です。この中には32グラムを筆頭に33グラム改め30グラムや31グラム27~28グラムがごろごろいます。無事蛹になって完品成虫へと変化して貰いたいですね(o^^o)気になるのは18度で蛹化した蛹が羽化直前というところで温度を上げてしまったことです。普通は蛹になったら温度を下げるのが普通ですが、反対になってしまいました。サイズ的に75あれば良い方なので大丈夫だろうと勝手に決めつけてしまいました(^_^;今回はセミ化幼虫を作らないような温度管理を行ってきましたが、さて結果はどうなるか?ですね。

PS.21日に28度まで上げています。

オオクワガタのペアリング

edf6d3d5.jpg

これから少しずつ飼育情報などメモ代わりに書き留めていこうと思います。思いついたこととかですが、いずれまとめようかと思っています。

オオクワガタのブリードはまずペアリングからですね。

サイズは適合表が時々掲載されていますが、サイズに関してはさほど気にしなくて良いと思います。所詮♂と♀ですから狭いところに閉じこめられて当人どおし気に入ったらなんとかなるものですよ

ペアリング可能な時期は一般的には羽化後♀6ヶ月♂3ヶ月経過して冬を越した個体を使用すると言われていますが、実際そのくらいだろうと思います。

♀が成熟していないと産卵数が少なかったり無精卵がオンパレードすることがありますし、羽化後6ヶ月でも成熟度合いには個体差もあるでしょうから、間違いのないところでは羽化後1年越冬個体というのがベストだと思います。

画像は現在実際にペアリング中のケースです。大きめの餌皿ゼリー♂用に大きいのと♀用に小さいのがセットできる大きな餌皿をセットしています。ケースは大きめのコバエシャッター中ケースを使います。このコバエシャッターはマットなどの水分が蒸発しにくく霧吹きの回数など少なくて大丈夫です。

まだ気温が高くないので温室を使用して27度程度で管理します。他に蛹化促進ボトルも入っているのでこの温度帯を使っていますが、実際はもう少し低く25度程度から23度程度でも大丈夫だと思います。ケースには♂を最初に2日程度ケースに入れて慣らし、その後♀を投入4日~5日程度同居させます。たいていはこれで相性さえ悪くなければペアリングは完了します。ベテランの♂であれば3日もあれば大丈夫でしょう。

ペアリング同居後、♂が♀を追いかけ回し♀が雄を拒み噛まれるようじゃ状況の場合は相性が悪くペアリングが出来ていないか、すでにペアリングが完了しメスは栄養補給モードに突入していて♂を拒んでいる場合がありますので♀を一旦引き離し状況を判断してメスを再度ペアリングするかそのまま産卵セットに突入するか検討します。

4,5日して餌皿のしたで♂♀仲良く並んで休んでいる場合は無事ペアリングが完了していると思って良いでしょう。

このようにして産卵セットを組むまでにペアリングを完了してメスにはゼリーをたっぷりと食べて栄養補給をさせます。一度受け入れた精子は産みきらなければ翌年までもメスの体内に蓄えられ産卵可能な状態を維持します。

 

なな丸血統今期1号個体

770aad09.jpg

画像の個体は今期第一号のなな丸血統羽化個体です。管理ラベルにはなぜか幼虫のサイズが記載されていません(^_^;

これは幼虫のサイズが小さくて計測不要だったのです。それがそのまま未計測のまま羽化してしまいました。

チビ助ですね。1本目外れた800ボトルで2ヶ月後交換して2本目800ボトルで羽化ですが、二本目で交換時体重を測定していないので2令後期か3令脱皮後程度だっただろうと思います。

結果として68ミリ程度の個体となりましたが、顎は5ミリありますのでなな丸元祖のおじいさんより立派なサイズとなりましたこれはこれでよしとしましょう。

今期使用1番♀

7c36ad51.jpg
どうです?なかなかの♀でしょう。今期使用するなな丸血統81とペアリング済みの50.5ミリの♀です。今期使用するメスの中では一番期待しています。顎の太さが太いと思いませんか?81ミリ個体との子供はいったいどうなるのか非常に楽しみな♀です。♂♀両方の良いところを引き継いでくれたらとてもハッピーになれるかもしれません。まだ産卵セットは組んでいませんが、セット後は無事材を囓って初令幼虫を回収できるまでは不安の毎日を過ごすことになりそうです。

ブリードルームの温度を上げました

といっても1度ですが、実測で23~24度といった温度帯です。これでも冬場から比べると、一番低かったときで17.5~18.5度で管理していましたから5度も高くなったことになります。また1週間したら1度あげる予定で、4月はじめ頃にスイッチが入って5月はじめに蛹化6月初旬に羽化とかってに決めつけています。

たいてい予定通りには行かないですが、大型個体だと蛹になるまでに時間がかかる個体も出てきます。

2月に温度をかけた幼虫群はまだスイッチの入らない1頭を除いて暴れることなくスイッチが入ったようです。31グラムの幼虫は蛹室を作っているんだかいないんだかハッキリとしない様子を見せていますが、たぶん蛹室作成モードに入っていてその蛹室が蛹室らしくない蛹室なんだと思います。でも、蛹室が少し短いような気がするんですよね。最大で100ミリちょうどです。80ミリで羽化してくるとしたらいっぱいいっぱいの大きさです。ビン底に作っていて、ビンをひっくり返してあるのですが、場合によっては取り出して人口蛹室と言うことも考えられますが、間違いのないように判断しないといけません。

#もし蛹化スイッチが入っていなかったら今期は羽化できない可能性が高くなります。

昨年は人口蛹室でだいぶ羽化不全していますから、できるだけ自分で作った蛹室で羽化させるというのが今期の方針です。

記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives