銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

ボトルを外しました

今回のブリードでは使用量の少ないのも合わせると5種類の菌糸ボトルを使いました。このうちの2種類は少量しか使っておらず論外のボトルだったのですが。のこりの3種類のボトルはどれもメジャーなボトルです。このうちの1種類が2ヶ月程度でボトル表面の菌糸がなくなり幼虫が暴れたように黒くなっているので気になっていたのですが、先ほどそのうちの何本かを交換してみました。結果はさんざんで割り出し後2ヶ月半~3ヶ月経過して16頭交換して♂が一頭も20gを超えていません。普通の血統であれば普通のサイズかもしれませんが・・・最低でも3ヶ月で20グラムは超えないとうちの血統で使う菌糸ボトルとしてはダメですね。当然メスも小さく、小さいオスか大きい♀か良くわからない幼虫もいました。飼育している血統はどれも80ミリ血統ですし、同じボトルで2月から3月に割り出した幼虫は3ヶ月で23~25グラムまで育っていましたから、どう考えても今回特定ロットのボトルが原因です。製造ムラや使用する環境に依存する部分があるのは避けられないのでしょうけど使ってみないとわからないので困ったことです。マジカルギネスの方は良く育っています。このボトルは別ロットも含めると60~70頭くらいの幼虫を入れていますので早い時期にすべてボトルを交換することにします。ボトルが来たときに妙に軽かったですが名の通ったボトルなので問題は起きると思いませんでした。僕の環境には合わないのでしょうね。こうやっていろいろな出来事を経てお気に入りのボトルが決まってくるのだと思います。今回のボトルのおかげで、格安成虫がけっこう出来そうです。入っていた幼虫は山梨県韮崎産、川西産G血統、久留米産ギネス兄弟血統、なな丸血統です。入れ替え後のボトルで少しでも回復してくれることを祈るしかありませんね。今回のブリードは300頭から350頭ですから5分の1にあたる幼虫がトラブル?に見舞われたわけで、非常に痛いです。クワガタ飼育、何が起こるかわかりません。昨年のブリードでは150頭から200頭入れたボトルが酸欠ボトルで初二令から3令初期の状態ですべてのボトルから幼虫を取りだし入れ替えました。結局それらのボトルに入れた幼虫からは77ミリを超える個体は数頭しか出てきませんでした。昨年はその他のボトルでも3ヶ月たって♂14から15gと言うボトルも遭遇して、こちらは23グラム程度まで持ち直してくれました。昨年は81ミリ個体も今販売中の79ミリ個体もどちらのトラブルボトルにも入れていません。大型個体を作り出す上ではできるだけトラブル無く幼虫を飼育することは必要条件です。まぁ、今回このボトルにすべて入れていなかったことだけでもラッキーと思うしかありません。まったくトラブルの起きないブリードは不可能なことなのです。うまくトラブルをかいくぐった幼虫の中で大型の素質を持った幼虫が80ミリと言うラインに近づくのでしょう。ブリードにおいてはいろいろな可能性を考えてリスクを分散することは必要です。とりあえず、今まで使ったボトルの中で安心出来るのはマジカルギネスと当倶楽部オリジナルボトルだけですね。

79.5ミリ羽化

385b59d2.jpg
先日のなな丸血統に引き続き韮崎産からも大型個体が羽化してきました。こちらは80ミリにはちょっと届きません。現在MAX79.5ミリですが、まだ固まっていないのでおそらく79ミリあたりで落ち着くのではないかと思われます。この個体は種親ではなく販売に回します。大型ですから価格は高めになると思います。お楽しみに

事故が起きました(^_^;

二時間ほど前に産卵済みの材の確認をしようと温室の中に手を入れると妙に暖かくどうしたことかと温度計を見るとなんと温室下段38度を指しています。菌糸ボトルは暖かくほてっていて、直感的にやばいと思いました。温室からすべての産卵済みの材、産卵中のセット、蛹化促進の為にいれてあったボトルを取りだしフタを開けエアコンの温度を下げパワフル運転に切り替えました。幸い産卵中の♀はなんとか大丈夫そうです。産卵済みの材は上段にあったので持ちこたえたかもしれません。問題は下段にあったボトル。これらは来春採卵予定の久留米産早返し予定♀が7~8頭いましたがこのうちの2頭は間違いなく☆になりました。他の幼虫はまだわかりませんが、怪しいのが1頭、問題ないのが3頭、後はなんとも言えません。川西ギネス82.4の直仔の仔♀はほぼ大丈夫そうです。でも、さっきの今なので元気そうにしていた幼虫もまだなんとも言えませんけどね(;.;)来年度の予定が少し狂ってくる可能性もでてきましたが、やってしまったことは仕方がないのでなんとか無事を祈るしかありません。出来るだけ多くの♀幼虫が持ちこたえてくれるといいなぁと思います。原因はサーモのセンサーが温室外に出てしまっていたことです。作業をした際に気がつかなかったのです。ちょっと失敗でした。

81ミリ画像公開しました

トップページになな丸81個体詳細画像アップしました。ボトルを開けたときはすでに黒化していましたが、おそらく羽化後3週間程度経過したと思います。お尻もお腹も引っ込んでもう縮みもほとんどないと思われます。顎の開きは8分目、胸とお腹の間も少ししか開いていません。頑張って最大で計測するとしたらおそらく81.5くらいになるのかもしれませんね。この個体顎は太く張り出し、先端は内側に入り込み決してまっすぐ伸びてサイズを稼いでおらず、お尻もだらっと伸びていません。完璧なボディバランスを持ちまさに夢の個体と言えるでしょう。いったいこの個体はどのような子孫を残すのでしょうか?最高の♀を選別しペアリングしようと思います。

31グラム幼虫

4587c87a.jpg
画像の幼虫は先日羽化した81ミリ個体と同じ材から割り出した兄弟です。81ミリ個体は最終28グラムでしたが、こちらは31gに育っています。割り出しが昨年5月15日の一番最後の産卵セットでした。他にもまだ31gが1頭と29gが2頭幼虫がいますが、この画像の幼虫を含めてセミ化する可能性が強そうです。今日ボトルを入れ替えて28度の温室に入れましたのでこのショックで蛹化スイッチが入らなければほぼセミ化間違いないでしょう。12月ころボトルを開けてまだ幼虫であれば次のボトルは冬の間外の倉庫に放置しておくこととします。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives