銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

当店の菌糸を使うときのコツ!

オスの交換が前提の説明になります。

【HS菌糸】

ビークワギネス871,880と2連覇
90ミリ完品羽化実績のナンバーワン菌糸です。
(すべてワイドカウさん羽化個体)

年間を通してオガ、水分量ともに安定しています。
持ち、大きくなりやすさ共に優れています。
大変扱いやすいので自由にスケジュールを組んで頂けます。

一例ですが、
3月初順に羽化に向けた加温をするとした場合に
最後のボトルへは加温2ヶ月前の1月初順より
加温後の捨てビンまで行えます。
その辺をターゲットにしてそのポイントまでの交換
スケジュールは自由に調整可能です。

【CS菌糸】
現在当店ブリードのメイン菌糸です。

年間を通してオガ、水分量に若干のバラツキが見られます。
加水を行わなくても問題はありませんが
厳密に管理詰め替えようとする場合はブロックでの水分量を計り、
加水を行い詰め替えるのがベターです。

加水を行う場合はブロック1個あたり2350g前後を目安に
乾燥による不足分を加水してください。

オガはブナ100%のためその性質上分解が早いです。
分解が早いためにHSにくらべると若干持ちは悪いですが、
一般的に考えると十分です。
大きくなりやすさも十分にありますが、
交換スケジュールでいくつかの点を注意する必要があります。

一例ですが
3月初順に羽化に向けた加温をするとした場合に
最後のボトルへは加温1ヶ月前の2月初順より
加温後の捨てビンまで行えます。

最後のボトルへの交換がもっと早い場合はその度合いにより
菌糸の腐朽が進みますので加温後の暴れが増えてきます。

2月初順に最後の入れ換えを行うとした場合にはその前の
ボトルには10月初順〜中旬に入れ替える必要があります。
この10月初順〜をターゲットにそのポイントまでの
交換スケジュールを検討する必要があります。

初二令で800に入れ替えた場合最大で3ヶ月入れておけますが
早い時期の初令だと期間が不足します。
たとえば6月初順に初令で800に入れると9月初順に交換する
必要があり、逆算したときの10月初順まで1ヶ月足りません。

そこでどうするかと言うと、プリンカップを経由して交換時期を
少し伸ばすか、幼虫の取り出しそのものを遅らせるか、どこかで無理を
して長く入れるか、割り切ってもう一本余計に使うかと言う事になります。

その辺は都合で調整して交換スケジュールを立てるようになります。

私は早い時期に割り出した幼虫の場合はプリンカップで3令にしたあと
オスは1400へメスは800へ入れ替え、羽化までに1400は3本使います。
3月初順の加温に対して2月に入ってから3月中旬にかけての交換になりますので
菌糸の持ち的にはかなり余裕があり、最終ボトルもまったく暴れません。
蛹室も良い状態で作られる事から完品羽化個体はけっこう期待できます。

要は、HS・CSともに最後のボトルへの交換ポイントに向けてスケジュールを
組む事です。そこがゴールです。あとは幼虫の力を信じて羽化を待つ事になります。

ご自身の都合に上手くあわせて当店菌糸をお使い頂けますよう
お願いいたします。

ノギスを新しくしました。

nogisu1704051507

今までたいていの場合黄色いクチバシの付いたクワノギスを使い
微妙なサイズの場合は写真の上のノギスを使って計測してきました。

クワノギスもだいぶ古くなってきましたしかなり使い込んで来ました。

新しいノギスを購入したので今後販売時の計測には写真の下側の
ノギスを使用して計測して参ります。上のノギスはクチバシを作成し
取り付けていましたが、取り外しました。

このノギスは20センチまで計測できますのでノギスそのものが長く
作られていて上のノギスよりも持ちやすく計測しやすいです。
カブトムシにも使えますのでこれで全てやっていきます。

クワノギスは3本ありますが、1本はお客さんのお嬢さんにプレゼントして
残りの二本は大まかな計測に普段使い用として残します。

オオクワガタは伸びたり縮んだり顎を開いたり閉じたりしますし
時間が経つとまた縮んできたりします。

個体の計測は何度か計測すると顎の少しの開きや胸と腹部の開き方、個体の
顎先から尻先までの水平度によってバラツキが出てきますのでその辺を
考慮して最終的に販売時の数値を決めています。

販売時の数値は実際の計測値よりも少し小さめに表記することが多いです。

その辺を考えると必要以上の精度は不要な気もしますが、

私の場合ショップと言う立場上、販売個体の計測に毎日のように使いますので
使いやすさと精度はけっこう重要だったりします。クワノギスは精度の確認用に
ゲージブロックを購入して狂いがないか時々確認を行っていました。

シーズンに入ったこともありますので気持ちを入れ替え販売とブリードに
取り組んで参ります。

昨日の画像詐欺の記事に関して

昨日の記事は特定の出品や個人の方を指しての記事ではありません。

ここ数年有名ブリーダーさんの不祥事がありましたし、業界がダメージを受けております。

このところ新規にオオクワガタの飼育を始める方も多く見受けられるようになりました。

少しでも余計なトラブルを無くすために購入者、販売者の両者に向けての
注意喚起の意味合いで掲載しました。

騙されるのがいやな購入者はより注意をして購入し

販売者は誤解されないような写真や情報を掲載し販売する。

オークション等で疑心暗鬼にならず少しでも安心して売買できる業界になって貰いたいです。


画像詐欺にご注意下さい。

最近ヤフオクを見ているとサイズを詐称することが目的と思われる写真をたまに見かけます。

これから幼虫販売のシーズンにはいりますし少し目に余りましたので注意喚起のために画像詐欺に関して記事にしておきます。
(今回は撮影時の画像詐欺についてですが他にも方法はあります)

写真の性質上ノギスと顎を上下にずらすことで顎がノギスに当たっているように見せかけて写真を撮影することが可能です。

これはデジタル一眼よりも割安のコンパクトカメラの方が手前から奥までピントが合いやすいので顎をずらしても顎、ノギスの両方にピントが合いやすくやりやすいです。

サンプルとして私の普段撮影しているデジタル一眼で似たような詐欺画像のサンプルを作りました。
この画像だとノギスに表示されている数値が若干ぼけていますが、これがコンデジだと完全にピントが合ってきます。

画像の個体は83ミリを少し欠けるサイズの個体ですが、パッと見たら数値に目が行きますので疑って見ない限り騙されるでしょう。
サンプル画像はわかりやすくするためにデジタル一眼で6ミリごまかしていますので少し無理がありますが、コンデジで撮影したりデジタル一眼でも2ミリとか3ミリくらいでしたらまぁ、わかりませんね。

顎先がノギスにちゃんと当たっているか不審な部分はないか血統背景や証明書関係は矛盾無く適切かあやしい種親個体ほど付加価値を高めるためにいろいろな情報が掲載されていると思いますので良く見てから幼虫等入札購入して下さい。

追記:撮影技術が未熟なだけで写真で怪しくても実際にサイズがあることも考えられます。「怪しい写真=詐欺写真」と言うわけではありません。別に買えれば詐欺でもかまわないと言うこだわりの全く無い方もいるかもしれません。価値観は人それぞれですので各自判断の上お願いします。

写真を載せるときは誤解されないようにきちっとした写真を載せることも必要でしょうね。


sagi



菌糸ボトル洗浄ブラシ販売開始しました!

burasi_t
http://ookuwagata.com/SHOP/brush.html


一年以上前に一時的に販売した菌糸ボトル洗浄ブラシですが
また要望が増えてきたので再度製造し販売を開始いたしました。

真冬に手洗いをしなくて済みますのでとても楽です。
ただ慣れてコツを掴むまでは水が多少飛び散ります。
とくに電動ドリルに水がかからないように気をつけてください。

商品ページに洗浄動画へのリンクがありますので興味が
ある方は是非ご覧下さいませ。
1400ボトル9個 2分
800ボトル16個 4分
で洗い上がります。

1703131359

1703131357


記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives