銚子オオクワガタ倶楽部公式BLOG

大型血統オオクワガタの話題(能勢YG・久留米・川西G他)

HSカンタケ菌糸

三階松さんにて取り扱いが開始されました。
お問い合わせの上お買い求めくださいませ。
http://sangaimatsu.o.oo7.jp/

CSオオヒラタケと管理温度が異なることと、保管中に芽が出やすいので当店においては定番として取り扱いは基本的に行いませんが、わずかな在庫を置くか現在検討中です。
ご希望の場合にはご予約を含めて相談の上対応させて頂きます。

【BD】レポートこれにて終了しました。

------------------------------------------
出回っているBDの偽物に関して
BD作者あかがね様のサイトで警告が出ています。
https://blogs.yahoo.co.jp/tanakaarare/archive/2018/12/04
------------------------------------------

もともとこの企画はツイッターでBDを販売されている方が暴れ無し不全無しと言い私が不全無しとはすべて完品と言うことでしょうか?と聞くと「そうです」と返答をされたため実際はどうなのかと思い取り組み始めた企画です。

ご本家さんは暴れが減る、不全が減る、ご自身のところでは不全はいないと言う内容で表記されています。

環境により結果は違ってきて当然だと思いますが、当店の環境ではどうなのか?

結果は暴れは発生しました。27頭中4頭の暴れです。

これはあくまでも当店環境で使用した結果となります。

比較対象の通常飼育組は30頭くらいで1頭の暴れですから不全暴れはBDを使用した方が多い結果となり少し残念な感じです。

原因は酸欠かな?と漠然には感じていますが使い方が悪かった可能性もありますしはっきりはわかりません。

また、使用するためにヤフオクで落札した分とあちこちからBDを譲って頂き用意した分とありましたが、この用意したBDに開けられている穴の径が違っていてどちらが本物なのか偽物なのかわかりませんが、暴れたボトルには両方使用されていました。

最初のチェックポイントである暴れの時点で当店環境には合わないようですし、これ以上幼虫を犠牲にするわけにも行きませんので羽化に対するレポートは行わずこれにて終了とさせて頂きます。

いろいろな方が実際に使用してその効果を確かめている最中ですからまた違う結果が出てきてブログ等で報告があるかもしれません。

その結果も楽しみに待ちたいと思います。

昨日BDを設置したボトルの状態を確かめツイキャスに録画を残しました。
後半は幼虫交換の様子を収録してあります。
種♂83ミリ(500番台)、85ミリ(70番台)、最後に88ミリ(1番)

交換数は少ないですがそれぞれの体重にかなりの差がありました。
お時間があるときに一度ご覧くださいませ。

【ツイキャス】
https://twitcasting.tv/choshioo/movie/510540250


【BD】次で終了

BDレポートですが、見た目同じに見えるのですが、使用しているBDがBDなのかパクリ品なのかわからない状況になりました。

商品に対する説明も本家さんと某販売者さんとだいぶ違いますのでひとくくりでBDとすることに無理が生じてしまい、訳がわからなくなりました。

近いうちに次の状況レポートを行い終了します。

HSカンタケ菌糸の取り扱いに関して

HS菌糸は三階松きのこ農場三枝さんにお願いして作って頂き当店専売品として取り扱っていた菌糸ですが工場の都合でオオヒラタケからカンタケへ移行の際に諸々の事情から廃番とさせて頂きました。

その後、お客様のご要望もありカンタケでの復活を目標に検討して参りましたが、いろいろと状況を見てきた結果、HSカンタケ菌糸の販売を三階松きのこ農場さんにお願いし販売を再開することになりました。

保管上の問題その他あり、当店においては直接の取り扱いを行いません。

三階松さんにおいてすでに準備は進んでいるようで12月中に開始できるようです。

取り扱いはすべて三階松さんにお願いすることになりますので
三階松さんのほかのアイテムと同梱して購入して頂くことも可能です。

価格は従来と変わらず

ブロック 1300円
1400  900円
 800  600円

となります。

今後ともHS菌糸のご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

ご注文・商品のお問い合わせは

三階松きのこ農場さん
http://sangaimatsu.o.oo7.jp/


までお願いします。


【BD】ブレシングディスクをセッティングしました。

BDの読み方を間違えておりました。
作者様には大変失礼な事をいたしました。
早速修正させていただきましたのでよろしくお願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
暴れ無し羽化不全ゼロと言われるBDですが、当店環境にてマッチするのか確かめるべく幼虫の入っているボトルに設置しました。

本来比較する幼虫群も用意してやるべきかと思いますが、なかなか数をそろえるのも大変で、このくらいの数だと偏りが出てはいけないと考えそれはやりませんでした。

1811012231

裏返しになっているボトルに設置してあります。BDはヒラタクワガタレコードホルダーであるあかがね氏考案でビークワ65号に寄稿されていますので是非紙面をご確認ください。

31g〜34gの幼虫27頭にセットし棚に収めました。
このへんの体重が読者の皆さんにとって一番判断しやすい体重だと思います。

タイベックフィルターを取り外してのセットになります。
この状態で万が一暴れが発生した場合はその幼虫はそこで検証を中止させます。

セッティングのもようはキャスにて生放送を行い録画として公開しましたのでお時間のある方は是非ごらんくださいませ。キャスは素人につき見苦しい点も多々あるかと思いますが笑って済ませてくださいますようお願いいたします。
https://youtu.be/3AD94NnXZjA

今後の予定としては12月末に倉庫内常温(夜間3度くらい)にすべて出します。
1ヶ月後ブリードルーム(24度〜25度)に戻し新しい菌糸ボトルに入れ替え蛹化を促し羽化に向かわせます。
羽化は5月。割り出してから10ヶ月〜11ヶ月を目指します。

ではお楽しみに。
記事検索
お客様でブログを公開していらっしゃる方は相互リンクに気軽にお申し込みくださいネ。
Archives